叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての無料ネタバレを1話から全話掲載しています。さらに全巻無料で読む方法も調査済!あらすじや試し読みと合わせて叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての無料情報を見ていってください。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての無料ネタバレを1話から全話掲載しています。さらに全巻無料で読む方法も調査済!あらすじや試し読みと合わせて叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての無料情報を見ていってください。

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料情報まとめ

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】の無料ネタバレを1話から全話更新しているウェブサイトです。試し読みやあらすじなどの基本情報はもちろん、全巻無料ダウンロードする方法もないのか調査もしています。黒猫スミスの人気エロ漫画【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】の無料情報が盛りだくさんです。
 

まずは試し読み(無料サンプルのダウンロード)

【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】は同人サービスを展開しているDMMコミックで無料試し読み(無料サンプルのダウンロード)が可能です。

フルカラーの作品なので試し読みだけでも楽しむことができるし、ヒロインや絵が自分好みか確認するには十分なページ数となっています。

あらすじも一緒に読んでおくとストーリーにも入っていきやすいのでおすすめですよ。


また、【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】を全巻無料でダウンロードする方法はあるのか、漫画村、ドロップブックス、zip、torrent、rar、PDF、rawなどを徹底的に調査した結果は、こちらの記事で紹介しています。⇒「【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】漫画村などDLサイトで無料?


まだ【叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて】の無料試し読みをしていなかったという方は、1話に進む前にチェックしてみてはいかがでしょうか。
 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのあらすじ

■基本情報
作者:黒猫スミス
掲載誌、レーベル:もえスタビースト
出版社:フューチャーコミックス
ジャンル:アダルトコミック単話、フルカラー、単話、人妻、巨乳、ミニ系、野外・露出、セクシー、aff対応

幸平は夏の休日に、家族に連れられて叔母の恭子の家に遊びに行くことになる。叔母と会うのは5年ぶりだが、昔の記憶のまま優しくて美人のままだった。でも、当時と比べて1つだけ変わったことがある。それは、幸平が恭子から女の色気を感じていたことだった。思春期真っ盛りの幸平には叔母も「女性」であることに変わりはないのだ。ある日、間違えてアルコールを口にしてしまった幸平は、欲求を抑えることができなくなり恭子を強引に押し倒してしまう。恭子は手コキでなんとかその場を乗り切るのだが、幸平にとってはそれが初射精となるのだった。もちろん1度きりで我慢できるはずもなく、それから夫や親に隠れながら、叔母と甥っ子の禁断の関係が始まることになるのであった。
 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料で1話ネタバレ

第1話「僕の叔母さんは艶っぽくて色っぽくて」の無料ネタバレとなります。


「宮田さん夫婦と会うのも久しぶりだなぁ」

「恭子ったら昔から山が好きだったけど、まさか本当にこんな山奥に家を建てるなんてね」

「幸平が小さい頃はよくみんなでキャンプに行ってたなぁ」

「幸平覚えてる?たしか5年ぶりくらいになるのかしら」

「恭子叔母さんも幸平に会うの楽しみって言ってたわよ」



「あ、、うん。」




「すっかり夕方になっちゃったな」

「片道4時間、久しぶりにこんなに運転したよ」



「夕食の支度もしてくれてるみたい」

「それは楽しみだなぁ」



ピンポーン!!



「はーい!いらっしゃーい♪」


「久しぶり。姉さん。」


幸平は恭子の美しい姿に顔を赤らめる。



「こ、こんちわ」

「どうしたのよ幸平。モジモジしちゃって」



「あれぇ~。こーちゃんこんなに大きくなって~」

「あと1年2年くらいで身長も抜かれちゃうわね」


幸平は恥ずかしくなりツンとした態度で顔を背けるのだった。


「なーにツンツンしてんのよ。ごめんね~最近反抗期だから」



「思春期ってヤツね。」

恭子は笑顔で返すのだった。





その夜、久しぶりの再会に姉妹は会話が弾むのだった。


「あれ、そういえばダンナさんは?」


「あ~ダメダメ。ダウンよ。お酒弱いくせにペースが早いから。さっきフラフラしながら寝室に行ったわ。」



「でももうこんな時間ね。そろそろ寝支度しないと。」

「寝室から布団を出してくるわね。」


「ホラ、お父さんもこんなところで寝てないで。幸平も恭子さんを手伝ってあげなさい。」



ガーッ!!ガーッ!!


「あーぁ、だらしなくイビキかいちゃって」



「今から出すからちょっと待っててね」


押入れから布団を取り出そうと前かがみの姿勢になる恭子。ジーンズ越しにお尻が強調され、幸平はそれを後ろから凝視するのだった。



「あった、1.2.3組必要だから、、、」

「こーちゃん、これ持ってくれる?」



「う、うん。」



「うー重!いっぺんに持ちすぎちゃったかも」




恭子が布団を幸平に渡そうとしたその時、ベッドに足を引っかけて2人は重なるように倒れこんでしまう。


幸平の顔は恭子の豊満な乳房の中に埋もれていた。
 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 無料 © 2018